​主催/蔵王ゲレンデマラソン実行委員会  共催・企画運営/Jog&Trail

・HOME  ・ゲスト・協賛  

・大会概要  ・コースマップ

・エントリー ・協賛・協力募集  

・ボランティア募集

・大会結果  ・アクセス  

・お問い合わせ

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

マウンテンプレイヤー  眞舩孝道氏(マフネ タカミチ)

 小学校から高校まで約10年間を野球少年として過ごし、大学からフルマラソンに挑戦。
野球から転向後、3年目にしてフルマラソンを2時間26分で走る。大学卒業後、地元福島に戻り、私立高校(郡山市)で、生徒を指導する傍ら、国体の山岳競技(縦走)と出会う。2002年~2007年まで、福島代表選手として、国体:優勝2回・準優勝2回を打ち立てる。

2007年をもって山岳競技(縦走)が国体から廃止となると、次なる活動ステージを「トレイルランニング」へと移行し、私立大学職員(福島市)として働く傍ら、春夏秋は、トレイルランニング、MTB、冬はマウンテンスポーツ活動を精力的に行う。

マウンテンスタイルが高じ、2015年からの2年間は、より豊かな自然環境でのライフスタイルを求め、福島県南会津地方へファミリーで移住。現在(2017年4月から)は、福島県の県南地方にあたる、故郷である「白河市/西郷村」に活動ベースを構えて、春夏秋冬、ふくしまを駆ける「MountainPlayar」として、全身全霊のマウンテンライフを発信し続けている。

自らを「マウンテンプレイヤー」と称し、トレイルランニングを中心に、マウンテンバイク、クロスカントリースキー、スノーシュー、薪割りなど、オールシーズン福島県の雄大な自然環境を活かしたマウンテンスポーツ活動を精力的に行う。そのライフスタイルを2007年から、SNSを通じて発信し続け、現在では幅広い年齢層・ジャンルの方々から支持を得て、「独特の感性と豊かな身体表現」は、高く評価される。
いちサラリーマンアスリートとしては、異例とも言えるスポンサー企業も多数獲得し、「MAHUイズム」を支持するファン層もさらに広がりをみせる。元福島県代表の国体選手であり、少年期から現在に至るまで、スポーツを通した人々との出会いに恵まれた感謝の想いから、”福島県”と”スポーツ”への想いは人一倍大きい。その想いの中で「トレイルランニング」という新しいアウトドアスポーツを通じて福島県民、並びに福島県を訪れていただける方々との「夢づくり、地域づくり、人づくり」のお手伝いができればと、2012年に立ち上がったNPO(非営利)団体となる、福島トレイルランニング振興会代表、ふくしまトレイルランニングクラブマネージャーを務め、トレイルランニングの健全な普及活動を行いながら、オールシーズン福島県の大地を元気いっぱいに駆け回る、39歳の本格派サラリーマンアスリート&パパさんアスリート。


・MAIN SPONSOR  http://timetoplay.salomon.jp/ambassador/takamichi-mafune/
・OFFICAL BLOG  https://ameblo.jp/555mafu555/
・OFFICAL FACEBOOK  https://www.facebook.com/takamichi.mafune
・OFFICAL INSTAGRAM  https://www.instagram.com/mafu_run_trail/?hl=ja
・OFFICAL YouTube  https://www.youtube.com/user/mahu555trail

 

 

​▼特記 WEB_NEWS

・東京市ヶ谷ひもろぎクリニックトークイベント  http://www.organiq.jp/blog/?p=1321
・前人未到30kg背負ってフルマラソン完走成功  http://www.organiq.jp/blog/?p=172
・安達太良連邦9つ登山口一筆書き  https://www.mtsn.jp/journal/detail.php?id=825
・モンゴルゴビ砂漠250km6days優勝 http://www.trailrunning-ohkoku.jp/topics/2013/11/post-52.html

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now